お肉のa5は最も良質なものです

お肉には等級があり、a5などに指定されたものがあります。和牛はもちろん、交雑牛やホルスタインなどの国産牛はランク付けされており、このランクのことを等級と言い、ランク付けすることを格付けと呼んでいます。格付け専門の委員がランクを決定していて、いろいろなランクが存在します。aは歩留等級のことでa、b、cとあり、cからaに向かって優れているものになり、aは余計な脂が少なくたくさんのお肉が付いていて、余計な脂が多く身が少ないものがcです。5という数字は肉質等級のことで、1から5に向かって優れているものになり、霜降り具合や色のツヤ、しまり具合などについて総合的にランクを付けていきます。つまり、a4やb2などが存在するということです。a5は牛肉に与えられた最も良質な称号になり、非常に細かく格付けされていて、ほんの少ししかa5は付けられないので貴重なものになります。
歩留等級は仕入れる店側によって関係しますが、肉質等級は食べた時に感じる旨みや食感、香りなどが大きく変わります。肉質等級には検査項目があり、脂肪交雑や肉の色沢、肉のしまり及びきめや、脂肪の色沢と質があり、脂肪交雑は霜降り具合のことです。BMSという判断基準で決められていて、1~12までの番号がつけられ、サシのないものを1とし、数字が上がる毎に霜降りになり12が最も霜降りが良い状態とされます。1を一等級、2を二等級、3~4を三等級、5~7を四等級、8~12を五等級とし、最高の五等級でも差があります。色沢の場合、赤身部分の色の加減や光沢などを見て五等級に決定しますが、ポイントなのは色が濃すぎず、色が薄すぎない色艶が良いものだけを五等級とし、色の濃いものは日持ちがあまり良くないのが特徴です。しまり及びきめの場合、きめが細かかったり、カチっと締まったものが良く、一番良いものを五等級とします。脂肪の色沢と質の場合、脂肪の光沢が良かったり、質の良いものを見てから五等級に決定し、旨みや香りを左右する部位なので、光沢が良かったり、きめ細かいものを選びます。業務用精肉の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行けば、高級肉も手軽に手に入ります。
国産牛にはさまざまなランクがありますが、レストランなどでa5を注文すると、おいしいステーキを食べることができるでしょう。近年ではインターネットのオンライン通販を利用して、a5ランクのステーキを購入することができたり、良質な部位を味わうことが可能です。レアやミディアムなど、自分好みの焼き方にすることでさらに美味しく味わうことができます。