肉を甘辛にしたレシピはおいしい

肉は種類がたくさんあり、それぞれ部位も多いので料理をするときにはレシピに合ったものを選ぶことが大切です。種類によって調理方法が違ったり、事前の下準備などに違いがあります。スーパーなどで購入することが多い肉ですが、専門店や大型のスーパーなどにはいろいろな種類や部位のものがあるので、たくさん買いたいというときや、珍しい種類のものを購入するときにはおすすめです。
たとえば牛肉のすねと通販の仕方は専門店や大型のスーパーなどのホームページなどで調べることができます。珍しい部位なども取り扱っている専門店などもあるので一度確認してみるといいです。

れんこんと肩ロースの甘辛炒めはおいしくてシャキシャキのれんこんの歯応えもいいです。
材料は2人分から3人分で、肩ロースとんかつ用を2枚、下味用に塩小さじ2分の1、酒大さじ1、小麦粉適量、ロース肉用にサラダ油大さじ2、れんこん200グラム、しめじ2分の1株、いんげん5本、野菜用のサラダ油大さじ2です。たれの材料にコチジャン大さじ1、酒大さじ1、砂糖大さじ1、しょうゆ小さじ1、ごま油小さじ1、にんにくのすりおろし小さじ4分の1、生姜のすりおろし小さじ4分の1、白いりごまを適量です。
まずれんこんは4センチの長さの棒状にカットして水にさらしておきます。ロース肉は2センチ幅にカットして、塩、酒で揉み込んで10分放置します。しめじはほぐし、いんげんは下ゆでして半分にカットします。たれの材料をすべて混ぜ合わせておき、ロース肉は小麦粉をまぶしてサラダ油を熱したフライパンで揚げ焼きにしたら取り出してフライパンを拭き取ります。サラダ油を熱してれんこんに火が通るまで炒め、しめじ、いんげん、ロース肉を戻してさっと炒め合わせます。そこにたれを加えて炒め合わせます。盛りつけたら白いりごまをふって出来上がりです。
旨い豚肩ロースを仕入れたらどうする?おすすめメニュー9選もためになります。

甘辛の料理はほかにもいろいろとあります。
牛肉と生姜のしぐれ煮は甘辛くておかずやお酒のおつまみにもぴったりです。材料は1回分で生姜15グラム、酒100ミリリットル、みりん大さじ2、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ2、牛細切れ200グラムです。生姜は皮を剥いて薄切りにしてから千切りにします。小鍋に酒、みりん、砂糖、醤油を入れて煮立たせ、牛細切れをそのまま加えます。牛細切れに火が通るまで菜箸でかき混ぜながら煮ましょう。牛細切れに火が通ったら、千切りにした生姜を加えて、菜箸で混ぜながら水分がほとんど飛ぶまで煮詰めます。それを器に盛り付けて出来上がりです。