肉のイラストを活用しよう

レストランやカフェ、ホテル、企業の食堂など、多くの人間に料理を提供する施設では食材を大量に使用します。それだけに少しでも安くしたいと、市場や問屋から直接買い付けたり、業務用専用店を利用することが多いです。まとめ買いをすることで価格がリーズナブルになりますし、小売りを通さない分、マージンがかからず安く仕入れることができるようになります。そしてこれまでは近くの市場や実店舗に行くことが多かったのですが、インターネットの登場、さらに配送技術の向上によって、通販ショップも人気です。これまで鮮度が落ちると避けられてきましたが、流通の進化によって産地からそのままの状態で直送されるので、近場に実店舗がないところにとっては、買いに行くよりも良い食材を手に入れることができます。

通販ショップの需要が伸びる中で、問屋や業務用専門店も参入してきて、ライバルは数多いです。どこも提供する食材の鮮度や質、美味しさを追求しますし、価格に関しても下げていくので同等といっても過言ではありません。そこで選んでもらうためにはその他のアピールポイントが必要になってきて、肉の卸を行っている時にはイラストを利用するのがおすすめです。肉と一口に言っても、牛・豚・鳥、羊など種類が違い、さらに部位ごとに分かれて販売しています。この時に種類に関しては理解していても、部位は名前を聞いてもどこの箇所なのか分からない、そういった人は多いです。飲食店で働いている、仕入れをしていれば分かっていると思いがちですが、脱サラをして始めたばかりといった場合もあります。そういった時に通販サイトで分かりやすく紹介していればリピーターが付きやすく、肉の部位を説明するのにイラストの利用がおすすめです。焼肉のスター部位トントロ!ハズさない旨い豚肉ブランド8選も参考になります。

さらに牛肉の小腸を卸売に出す時に抑えておきたいポイントとして、温度管理が重要になります。品質や安さ以上に、安全性に関して気を付けなければいけません。ホルモンは肉の部分と違って劣化が分かりにくいので、鮮度の良いものを仕入れるだけではなく、その後の保管が重要なポイントになります。通販ショップの場合、配送に関しても注意が必要となってきて、今は配送技術が上がっていますが、取り扱うのはスタッフであり宅配業者に対する信頼性も大切です。自社での管理、そしてお任せする配送業者、どちらか一方ではなく両方が大切になります。この点を守ること、これがとても重要になってきます。