胃もたれに成りにくい肉ならレバー

焼肉やステーキ、鍋物などの肉料理が大好きという方は多いかと思いますが、中には、好きではあるけれど胃もたれが心配という場合もあるかも知れません。お肉を食べるとお酒も進み、相乗効果でついつい食べ過ぎることも少なくはないでしょう。そういう場合、次の日には胃の辺りがムカムカしたり、食べ物が消化されずに残っているような感覚を覚えるかもしれません。この胃もたれは中々に辛いもので、一日、元気が出なかったり仕事の能率が上がらないケースもあるでしょう。折角の休日でも、次の日の仕事に備えて、お肉は控えめにして野菜を食べたりと、少し寂しい思いをしているという方も居られるのではないでしょうか。確かに、思いっきり焼肉やバーベキューを食べると次の日の朝は胃もたれリスクは高いですが、これを軽減していく方法を確認してみましょう。

鶏手羽元はチューリップ?さっぱり調理のコツは?簡単美味レシピ4選も参考にしましょう。肉を大量に食べると、胃もたれを起こすのは、その脂分によるところが大きいと言われます。脂肪分は炭水化物やタンパク質に比べて、胃での消化にかなりの時間を要することとなり、その分、胃への負担が大きくなってしまうわけです。胃ではタンパク質はよく消化されるのですが、脂肪分は苦手です。十二指腸に送ってからリパーゼという消化酵素で分解していくわけですが、この十二指腸に送るまでに、時間がかかってしまうのが、原因です。加えて、加齢によって胃の運動機能は低下し、ますます、胃から十二指腸に食べ物を送る作用は衰えてしまいます。この為、中年の域に差し掛かって来た辺りからや、もっと早いと30代前後でも、脂っこい食事を取ると胃の不快感を感じたり、たくさん食べられなくなってきたりという経験がある方も増えてくるようです。

この様に、胃の調子が心配になって来た、という場合には、食べ物をバランス良く摂ることが大切になってきます。脂っこい赤身肉は美味しいですが、脂肪分を控えめにし、タンパク質や栄養素も考えると、ここは、レバーを食べる割合を増やすのも良いでしょう。レバーは比較的消化し易い食べ物で、鉄分も豊富など栄養面でも嬉しいメリットがあります。お酒を飲む場合にも、体にいいレバーはおすすめです。焼肉やバーベキューをガッツリ食べる時には、赤身やホルモンは少し我慢して、意識してレバーを多めにしていくことで、胃の負担を軽減することを目指しましょう。美味しいレバーをたっぷりと仕入れるには、業務用レバーと通販サイトを確認してみて下さい。